planning-New house2014 of Takasugi Tsutomu Architect Office

高杉勉一級建築士事務所 神奈川県知事登録14314号
Takasugi Tsutomu Architect Office Of Yokohama City

HOUSE PLAN                                                     住宅設計/作品

HOUSE/新築(2013年竣工)

_TAM9321_125_re.jpgⅰ IMG_7611.JPG
    外観                    小屋 

_TAM9350_139_re.jpg_TAM9359_144_re.jpg●IMG_7609.JPG

ウッドデッキ
太陽の光と風や雲の動きを直に感じながら
木漏れ日が降り注ぐテラスで椅子に座って森を眺めたり
アウトドアリビング使いに旬の食材を豪快に調理ができます。

IMG_7616.JPGIMG_7661.JPGIMG_7651.JPG
日が落ちて辺りがすっかり静寂な暗い夜になると、
人の造り出す光によって辺りは昼とは違う別世界へと姿を変えてゆきます。

_TAM9472_052_re.jpg_TAM9398_019_re.jpg_TAM9368_1.jpg
玄関に入ると真っ先にリビングダイニング空間が目の前に広がります。
いちばん奥のダイニング壁面に並ぶワインボトル
眺めていると、時間の経過や楽しく飲み交わした時の情景がよみがえってきます。

_TAM9519.JPG_TAM9512.JPG
庭に生息する草木を切り落としテーブルに飾る、
美への視線と人の心を和ませるその心遣い
建築物が作り出す空間もまた其のための器でもあります。

_TAM9402_022_re.jpg_TAM9447_038_re.jpg_TAM9454_041_re.jpg_TAM9467_049_re.jpg
薪の燻された薫りが部屋を充ち、
その中でゆらゆら揺れる炎を眺めながら
ストーブを囲い美味しい食事と飲み物で静かに夜が更けていきます。

_TAM9483_057_re.jpg_TAM9528_072_re.jpg_TAM9532_074_re.jpg_TAM9579_099_re.jpg
階段にある小さな窓でネコちゃんが外を眺めています。
その光景、屋内にいて屋外との繋がりを感じることができます。
窓からみえる自然を時折眺め、疲れたら渡り廊下を歩いて空間を眺めたり、
書斎とは意外にも広い空間なのです。

IMG_7418.JPGIMG_7507.JPG●IMG_7517.JPG
渡り廊下の先に見える窓から外を眺めると、
森の小人が住んでそうな、可愛らしいちっちゃな木の小屋がみえます。
森の精たちの力を借りて、創造へと駆り立てます。

_TAM9415_026_re.jpg_TAM9432_034_re.jpg_TAM9422_031_re.jpg
襖絵の作家さんとコラボレーションした和室です。
襖、とっても素敵です。
また機会があれば一緒に建築空間を創出してみたいと思っています。

_TAM9572_096_re.jpg_TAM9455_042_re.jpg
当地の食材をカウンターに並べた時、
眺めているだけでお腹が満たされた感覚になれるといいな・・とイメージして。

_TAM9567_094_re.jpg_TAM9562_093_re.jpg
優しい空気感に包まれながら深い眠りにつける空間

●IMG_7584.JPG
人を優しく迎えてくれる、そんな空間をイメージして設計しました。